• 相続に備えたい方
  • 相続が始まったご遺族の方
  • 介護事業を始める方

代表税理士井上さちよの徒然日記

2013年6月23日 日曜日

☆運動と能率との関係について

何かしらスポーツをしていると日常生活における能率もとても良い、

と感じています。

 20歳のとき会計事務所に勤務し始めて以来、ずっと残業と

デスクワークで根をつめていましたが、34歳のときにエアロビクス

を始めるまでほとんどスポーツをしていませんでした。

肩こり、体調不良、恥ずかしいほどでした。wobbly


 勉強やデスクワークの仕事を一生懸命にやっていると、

意識しないと運動が出来ないと思います。


 初めてジムでエアロビクスをやったときのことは今でも鮮明に

覚えています。

インストラクターの先生が、

「眉間のしわダメ!!」

と何度も私に言ったものです。

何だか肩の力が抜け、まさに、体からストレスが抜ける感じでした。

ストレス発散でした。lovely

 以来、エアロビクスが、頭と体のバランスを保つ私の道具になったわけです。

『能率の良い仕事には適度な運動が欠かせない。』

そんなことを前からぼんやりと考えてはいたのですが、先日

望月美佐緒さんの著書、「動けば変わる動けばわかる」

を読んでいたら、このような内容のことが書かれていました。

望月さんはルネサンスというスポーツクラブの役員ですが、

すばらしい方だなぁ、と感銘を受けました。happy01

 


 

投稿者 岐阜市の税理士/井上さちよ